あっ、とかのの包丁研ぎについてひとつ…

3月は2回も音楽のライブに行ってしまいました。

1回はクラシックのピアノリサイタル、
もう1回はジャズのライブに行きました。

音楽や写真など芸術ごとは心を豊かにしてくれると思っているとかのです。

ボチボチととかのについて、包丁研ぎについて書いていますが、
ひとつご利用くださる皆さまにお伝えすることを忘れておりました。

それはとかのさんの刃物研ぎについてです。

とかのさんの刃物研ぎでは、実用向けの研ぎを行っていまして、
過度な鏡面磨きなどはしていません。

あくまでも包丁は毎日のようにお料理に使う道具です。

魚な鶏肉の骨や、かぼちゃなど硬いものを切れば多少なりとも傷がつきます。

包丁が傷ついていることは汚れや水気が入って痛みますからいいことではないけど、
ピカピカを維持し続けることは無理だと思っています。

無駄に作業を増やして時間や、お代をいただくことはしたくありません。

研ぎの作業の一連で取れる範囲での傷は取りますが、
顔が写るほどまでは磨きませんので、ご了承くださいませ。

関連記事

  1. 本当にとかのつれづれ

  2. とかの、お裁縫もやるんです

  3. とかの ’2023春

  4. 改めて、ご注文の流れについて

  5. とかのと箱根

  6. 生ごみコンポスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。